インターホン故障・修理

インターホンの故障はマンションオーナーにとって重大問題

共用部分のインターホンが故障すると、入居者に多大な影響が及びます。適切に機能していないインターホンは、以下のような深刻な問題を引き起こします。

  • 訪問者の確認ができず、防犯上の懸念が高まる
  • 宅配物の受け取りができなくなる
  • 入居者の出入りに支障が出る

このように、インターホンの故障は直接的には入居者の利便性と安全性を脅かします。しかし、その影響はさらに広がります。マンションの資産価値と入居率の低下につながり、結果として新規入居者の確保が難しくなったり、好条件での家賃を維持できなくなる恐れがあるのです。

オーナー様は建物設備の適切な維持管理に責任を負っています。インターホンが故障した場合、速やかに修理か交換を検討する必要があります。放置してしまうと、入居者の満足度の低下、防犯上のリスク増加、入居率の低迷などのマンション経営に重大な影響を及ぼしかねません。

マンションの資産価値を維持し、入居者が安心して住み続けるマンションを提供するために、インターホンの故障には迅速に対処することが何より重要なのです。

インターホン再生品ならワンポータル

本来であれば、老朽化したインターホンのリニューアルを検討したいところです。しかし、リニューアル工事にはかなりの費用がかかります。オーナー様の中には、リニューアルを見送らざるを得ない事情もあるでしょう。

そんな時に有効な選択肢が、ワンポータルの提供する再生品の活用です。インターホンの故障に備え、あらかじめ再生品を確保しておくことをお勧めします。ワンポータルは、メーカーが製造や修理を中止した廃盤インターホン機器の再生品を豊富に在庫しております。徹底した動作チェックとクリーニングを行っているため、高い品質が保たれています。

再生品を利用することで、修理・交換にかかるコストを大幅に抑えられるのがメリットです。リニューアルまでの経過措置として、このようなリーズナブルな価格の再生品を活用するのが賢明な選択ともいえるでしょう。

マンションの良し悪しは、入居者満足度に大きく影響します。インターホン故障で入居者から不満やクレームが出れば、経営に深刻な影響を及ぼしかねません。そうした事態を未然に防ぐため、ワンポータルの再生品による迅速な対応をお勧めします。

インターホン故障は賃料が減額される!?

2020年4月に施行された改正民法では、賃貸物件で設備の故障などが発生した場合、賃借人(入居者)は賃料の減額を求められるようになりました。

具体的には、賃借物の一部が滅失または使用収益できなくなった際、賃借人は賃料の一部の支払いを拒むことができるとされています。つまり、インターホンが故障して使用できない状態が続けば、入居者は賃料を値引きする権利を持つのです。

この改正を受け、マンションのインターホンの故障は、オーナー様にとって経営上の大きなリスクとなります。長期に放置すれば、入居者から賃料減額の要求を受けかねません。

また、適切に対処しないことで、入居者の不満やクレームが高まれば、契約更新時の条件交渉に影響する可能性もあります。つまり、インターホンが故障した状態で放置することは、オーナー様の収益を直撃する深刻な問題なのです。

インターホンに異常があれば、できる限り早期に修理または交換を行う必要があります。ワンポータルの再生品を活用すれば、コストを最小限に抑えつつ、スピーディーな対応が可能です。改正民法に則り、適切なインターホン設備の維持管理を心がけましょう。

よくある質問

インターホンの故障の兆候

マンションオーナー様

インターホンの故障の兆候にはどのようなものがありますか?

ワンポータル

主な兆候としては、以下のようなものがあげられます。

  • モニターに画像が出ない、音声が聞こえない
  • モニター画像が乱れる
  • 通話が途切れる
  • インターホン子機から応答しても親機が反応しない
  • ドアがスムーズに解錠/施錠できない

これらの症状は経年劣化であることが想定されます。機種によってはメーカーの修理対応ができない場合があります。

故障の対処法

マンションオーナー様

インターホンが故障した時の対処法は?

ワンポータル

まずは該当メーカーへ修理が可能かどうかを確認することをおすすめいたします。メーカーにて修理対応を終了している場合、ワンポータルでは再生品の提供も行っておりますので、お困りの際はご相談ください。

修理の費用

マンションオーナー様

インターホンの修理にはどれくらいの費用がかかりますか?

ワンポータル

メーカーにより、価格は異なります。修理できるものであれば、1万円程度から、メーカー・機種によっては、10万円近くの高額になる場合もあります。

自分で交換できる?

マンションオーナー様

インターホンは自分で交換できますか?

ワンポータル

オートロックで使用されているインターホンは、一般的にAC100Vタイプのものが採用されています。この場合、インターホンの交換作業を自分で行うには、電気工事士の資格が必要となります。取り付けは電気会社にご相談ください。

修理か交換かの判断基準

マンションオーナー様

修理か交換かの判断基準は何ですか?

ワンポータル

インターホン工業会の調査研究に基づけば、集合住宅用インターホンシステムの一般的な更新目安期間は設置後15年とされています。

この15年を過ぎるころになると、メーカーから部品の供給が止まり、修理ができなくなる可能性が高くなります。また、その頃から故障の発生頻度も急激に上がってくる傾向にあります。

そのため、インターホンの設置から15年前後が経過していれば、修理ではなく設備全体の交換を検討する時期だと考えられます。一方、15年以内であれば、メーカーの修理対応期間内と見なせますので、修理で対応可能でしょう。

このように、設備の経年年数と故障状況を総合的に勘案し、工業会の更新目安期間も参考にしながら、修理か交換かを判断する必要があります。ワンポータルでは、オーナー様の事情に合わせた最適な提案を心掛けております。

その他ご不明な点は、ワンポータルの専門スタッフまでお気軽にご相談ください。

まとめ

マンションのインターホン設備が故障すると、入居者の皆様の安全と利便性を脅かすだけでなく、オーナー様の経営にも深刻な影響が及びます。適切な維持管理は経営上の重要課題なのです。

インターホン工業会の調査では、集合住宅用システムの更新目安は設置後15年とされています。15年を過ぎるころから、メーカーの修理対応が困難になり、故障のリスクも高まってきます。15年前後を目安に、修理か設備全体の交換を判断する必要があります。

インターホンに異常があれば、迅速な対処が何より重要です。放置してしまうと、改正民法により入居者から賃料減額を求められたり、契約更新の条件交渉に影響が出る可能性もあります。結果としてオーナー様の収益を直撃する恐れがあるのです。

ワンポータルでは、インターホンシステムの全体更新はもちろん、オーナー様の事情に応じて、再生品を提供するなど、コストを最小限に抑えつつ、スピーディーな対応が可能です。マンションの資産価値を守り、安心の住環境を維持し、高い入居率を保つために、ぜひワンポータルをご活用ください。